地域サポート型特養
平成29年7月14日 ふれあい喫茶に参加しました。
約20名の方が参加されてのふれあい喫茶★軽食を食べながら、地域の話などに花が咲きます。(^.^)お花は喫茶のボランティアに参加される方々がいつも家に植えている花を持ってこられます。この花にも心癒されます。次回も楽しみです。

平成29年3月10日 ふれあい喫茶に行きました★
 毎月第二金曜日はふれあい喫茶があります。南条公民館で地域住人の方が飲み物とサンドウィッチを食べながら、話をして楽しいひと時を過ごされていました。地域住人の方とゆっくりと話すことって普段はなかなかないので、お話してく中でいろいろと勉強になります。いつもありがとうございます。 

平成28年12月9日 ふれあい喫茶に参加しました。
 参加人数31人でした。会館の1階では軽食と珈琲などを頂きながら、2時間ほどの時間、色々な話をされてましたよ。月に1回の地域住人の方との関わりが楽しく思えます。次回は来年!(^^)!

平成28年8月5日 ふれあい喫茶に参加しました。
 地域住人の方との交流を深める為、南条公民館で午前10時~12時までのふれあい喫茶に参加しました。この日は23名参加され、珈琲などの飲み物とサンドイッチを頂きなら、話をしあい、地域住人の方々と交流を深める場となりました。こういったイベントで地域の方が顔見知りになり、仲良くなれればいいですね。次回も楽しみです♪

平成28年2月20日 ホッとサロンを実施しました。
 この日は頭スッキリ!認知症予防体操を行いました。「日頃から、気を付けて体操をしたいのですが。。なかなか出来ないです。」と参加者の方は言われてました。(笑)「またしてみたい。」とも言われてました。

平成27年6月20日 ホッとサロン♡を実施しました。
今回のサロンは少人数でした。。(>_<)地域サポート事業のお話・小規模多機能ホームのお話をした後、認知症予防体操を10分くらいして。。。その後、脳の活性化の為に連想ゲームをしました。皆さん。笑いあり、和やかな時間で過ごしました。参加人数が少ないので、次回開催は参加人数が集まっていただけるように努力したいです。。。★

平成27年4月18日 ホットとサロンを開催しました。
今回は2名と少ない人数でした(>_<)認知症の方への対処方法について、お茶を飲みながら、話しました。また、認知症予防体操をしたりしました。(^.^)この体操好評でしたよ。次回開催はたくさんの方が訪れるといいですね。

平成27年 2月21日 ホッとカフェを開催しました。
 2名という少人数でしたが、今までの総まとめとして認知症に対する知識を○、×のクイズ形式で行い、体操(手足、足を交互に動かす手遊びなど)をしました。認知症のことって、いざクイズで聞かれると「えっ。」と聞きかえすこともあり、体操は。。うまく手足が動けず。。。(笑)みんなで笑ってしまう場面もありました。

地域サポート型特養 説明会
8月7日(水)14時から庄田總合センターで城陽校区の民生委員の方14名に地域サポート型特養について説明会を行いました。

パワーポイントを使用し説明を行いました。
真剣に話を聞いて下さり、沢山の意見や質問をいただきました。

簡単ですが説明会で行った説明内容と質疑応答を掲載いたします。

<説明内容>
事業目的・運営方針・設置場所・業務内容・事業内容・サービス従業者・見守り地域・利用料金・緊急通報システムについてetc

以のものを説明いたしました。
詳しい内容を知りたい方は当苑までお問い合わせください。
簡単な内容なら初回ページに記載されています。

<質疑応答>
Q 緊急対応の駆けつけの際、鍵がかかっていた場合の対応は?改善策は?
A 契約者と相談を行い緊急用に鍵の預かりを行う。預かりがなく急を要する場合は第三者を加え鍵を壊す・こじ開ける等し鍵をあける又は、ガラスを割るなどして救助を優先させる。

Q 災害時はどうなるのか?(市の活動との違いは?)
A 市の防災活動と地域サポートの活動は全く別の活動の為、災害時であっても通常通り援助等を行います。

Q 緊急対応や相談等のサービスを利用した場合、追加料金は発生するのか?
A 緊急対応や相談サービス等を利用しても、契約時の利用料金以外は発生しない。

Q 利用料金の全額負担は高齢者には厳しい、どこかで負担してくれるところはないのか?
A 施設独自の事業の為、現在負担してくれるところはない。

Q ほっとコール(緊急通報用機械)は販売もあるのか?
A ほっとコール(緊急通報用機械)はレンタルのみで販売はない。
 

Q 個人宅に説明に行く際、説明をしに同行してくれるのか?
A 今後信頼関係が必要になる為、同行して説明をする。

以上が質疑応答になります。
これらを参考により良いサービス提供をできるよう努力してまいります。

次回は介護研修を予定しています。詳しい内容や日時などは決まり次第ご案内いたします。


地域サポート型特養 和好苑


平成25年7月1日より、地域の高齢者の皆様を見守りする事業をスタートさせました。高齢者の皆様が、安心して住み慣れた地域で、自立した生活を送れるようサポート致します。


 
〈地域サポート型特養とは〉 
地域に暮らす高齢者ができる限り自宅で自立した生活を送れるよう24時間 対応で見守り・緊急対応等のサービスを行う事業です。
 
 
〈対象者〉
65歳以上の高齢者
※独居・高齢者世帯・家族同居(家族が日中不在)
介護保険にまだ認定されていない人
介護保険認定しているが不安がある方

〈事業内容)
巡回サービス (週数回の自宅訪問) 
安否確認サービス (週数回電話で安否確認)
相談援助サービス (相談事を聴き必要に応じて介護事業所等を紹介します)
緊急通報サービス (緊急時に自宅に駆けつけ、119番・家族等緊急連絡先へ連絡をお行います)

〈見守り地域〉
城陽校区
手柄校区

〈利用料金〉
月額 2000円
※緊急通報用に便利な機械もレンタルしております。月額 1000円

興味のある方・もっと詳しい内容を知りたい方は、生活援助員 北川までお気軽にご連絡ください。

2週間のお試し期間を実施しています。
      

今日
昨日
累計

from 2012/06/01